東急大井町線「等々力駅」徒歩1分 尾山台、上野毛からも近い「完全予約制」カイロプラクティック整体院です。お一人ひとりの症状に向き合い改善をサポートします。
頭痛・肩こり・腰痛・坐骨神経痛・手足のシビレ・O脚などに効果があります。当院の整体とは?|痛みのでにくいカラダに
当院の整体とは?

同じ痛みを繰り返さないカラダに変えていく

今ある身体の痛みや違和感の改善は勿論ですが、"同じ痛みを繰り返さないカラダに変えていく"という予防的な体質改善が当院の目指すところです。

痛みのある箇所だけを見ても、根本的な改善にはなりにくいなと感じています。そこで当院では、全身のつながりを考えた施術を心掛けています。
全身の筋肉を緩めて血行が良くなると、痛みやシビレが軽減します。動きの悪い関節がしなやかになれば、さらに効果的です。身体のバランスと共に自律神経の乱れも整ってくるのでグッスリ眠れるようになり、痛みや疲れが溜まりにくい身体に変わっていきます。
ストレス社会の現代で、これはとても大切な事なんですよ。

"同じ痛みを繰り返さないカラダに変えていく"とはこの様なことで、"痛みをゼロにする、取り除く"ものではありません。怪我や病気を除けばそのほとんどが、長い間に蓄積された疲労からきているものなので、計画的な通院をおすすめしています。
そして同じ痛みを繰り返すのは、長年の生活習慣に原因があることが、実はよくあります。

筋肉を揉むだけでなく、関節をボキボキ鳴らすだけでなく、ストレッチするだけでなく

『筋肉』と『関節』と『生活習慣』

この3つにアプローチしていくのが、当院の整体になります。

『筋肉』

デスクワークや家事など日常生活で疲労しきった筋肉には、深いところに硬いシコリの様なものが出来ます。これをトリガーポイントと言います。

トリガーポイントとは痛みの引き金点という意味で、痛みのある箇所だけでなく、他の箇所にまで痛みや痺れを引き起こすことがあります。肩こりからの頭痛が典型的パターンで、トリガーポイントをリリースして頭痛が改善されるのは、よくある事です。

このトリガーポイントセラピーが、施術のメインになります。
指圧の様な感じで、痛気持ちいいと言われる事が多いですね。

『関節』

筋肉と同様に関節も硬くなってしまうので、調整して動きを取り戻します。
苦手な方やご高齢の方、こちらが必要なしと判断した方には行いません。

『生活習慣』

お仕事や家事でいつもと同じ姿勢・体勢をしていれば、また同じ箇所が痛くなってしまいがちです。また、自分で無意識のうちに身体のクセとは身についてしまっているものです。

施術効果をより高める為に、簡単な体操や正しい姿勢等、ご自宅や職場でも出来るセルフケアをお伝えしています。

そして初めての方には必ず、施術前に10分~15分程度のカウンセリングを行っています。

当院は〝患者さんとのコミュニケーション、信頼関係なくして施術は成り立たない〝と考えています。片方が主張するだけ、あるいはこちらが施術するだけの一方通行では上手くいきません。施術もただ受けるだけでなく、一緒に頑張るパートナーとして当院をご利用される方が、より効果も高いですよ。

初めての場所とは緊張や不安があるものですし、どのような事をするの?などのお話をされても大丈夫です。
それを踏まえた上で、お身体改善のプランをご提案してから施術に入ります。

ですので

  • 肩や腰を揉んでほしいだけの方や、
    強く押してほしいだけの方
  • 気が向いた時にだけ来たい方
  • リラクゼーション的な気持ちよさのみを求めている方
  • 何でも1、2回で劇的に良くしてほしい方
  • テレビやインターネットの情報に固執され過ぎる方
  • 説明なし(カウンセリング含む)で、
    施術だけを強く希望される方
には残念ながら、当整体院は合わないかもしれません。ご了承ください。
トリガーポイントとは?

トリガーポイントトリガーポイントとは、筋肉が過剰に緊張して硬くなった部分のことをいいます。
不自然な姿勢や動作、精神的なストレス、あるいは内臓の病気などがあると、一部の筋肉が異常に緊張します。これが一定期間以上続くと、トリガーポイントが発生します。トリガーポイントは、体の様々な部分に痛みを放散させます。

例えば、首や肩の筋肉に発生したトリガーポイントは頭部に痛みを飛ばし、頭痛を引き起こします。実際、病院で「異常なし」とされた方の多くが、このトリガーポイントからの放散痛に悩んでいます。いくら薬を飲んでも治らなかった方が、首へのトリガーポイント・セラピーで大幅に改善することは良くあることです。

当院では、筋肉・骨・神経の解剖学に精通したスタッフが、体のあらゆる部位に発生したトリガーポイントを的確に触診し、当院独自のテクニックで痛みを改善していきます。

 
カイロプラクティックとは?
世界が認めた手技療法

カイロプラクティックは百年ほど前にアメリカで生まれた手技療法です。理論、技術ともに、百年の歴史の中で大きな発展を遂げ、今日、欧米では広く行われ、人々の健康増進に役立っています。
西洋で生まれた療法ですから、西洋医学の一種といえます。が、人体の自然治癒力を重んじる点、薬や手術を使わない点など、多くの点で伝統的東洋医学と共通点を持ちます。

しかし、東洋の手技療法の多くは経験やカンを優先させます。これに対してカイロプラクティックは、その歴史のごく初期から、手技療法の理論を西洋医学の理論と整合させる努力をしてきました。基礎医学に裏打ちされている点で、施術後の安定性が高いのがカイロプラクティックの利点といえます。

どんな施術も、必ず最初からうまくいくとは限りません。初回に効果を現せなかった場合、それが何故かを考え、考えた結果に基づいて次の手を打ちます。 カイロプラクティックがその効果を、医学の言葉で表せるということは、「次の手」を打ちやすくするのです。

その仕組みが科学的に解明され、効果が安定し、世界で最も広く行われ、認められている手技療法。それがカイロプラクティックなのです。

日本人にあわせたカイロプラクティック

もともとアメリカで体系づけられたカイロプラクティックですが、当時は医療技術も、生活環境も今とはまったく違います。ましてや、日本ではなおさらです。

現在ではカイロプラクティックが生まれた100年前とは比べ物にならないほど医学は進化を遂げました。その新しいデータや情報、そして経験をベースに、カイロプラクティックも進歩しました。

日本でもカイロプラクティクは、腰痛や肩こりに悩む現代日本人の生活習慣や環境を考え、もっとも効果的な形に改良発展しました。

当院では、最新の医療データをもとに日本人向けに進化した最新のカイロプラクティック技術をもとに施術を行います。

 
さまざまな手技療法

人の手によって行う治療方法には、千年以上の昔から、西洋、東洋を問わずさまざまな手法があります。カイロプラクティック以外にはマッサージ、指圧、按摩、鍼、灸、整骨など多岐にわたります。主なものを簡単にまとめました。

鍼灸(しんきゅう)

鍼(はり)療法は中国の伝統的な医療法で、体に360以上あるといわれるツボを刺激して治療を行う。同じツボを熱で刺激するお灸(きゅう)とあわせて鍼灸(しんきゅう)療法ともよばれる。

起源は明らかではないが、中国では4000年前から行われていたとされる。日本には仏教伝来とともに伝わり、明治の初めまで広く行われてきたが、西洋医学の普及につれ漢方薬とあわせて医療制度から取り残され、民間療法として残ってきたが、最近その効能が見直されている。

中国では鍼麻酔として広く用いられているが、日本では主に肩こり、腰痛などの疲労回復に用いられている。鍼灸を行うには「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師に関する法律」に基づき免許が必要。免許は国が認めた学校または養成期間で過程を終了したあと厚生労働大臣の行う試験に合格する必要がある。

按摩(あんま)

按摩は中国から伝来した古い手技療法で「養老令」(718年)にも按摩師などの官職が記されている。手で人体をたたいたりなでたりしながら、血のめぐりを良くして、筋肉の緊張をほぐす。江戸時代にもっとも盛んになり杉山流、吉田流などが技を競った。杉山流のあんまは盲人、吉田流は目明きが多かったといわれる。明治時代には盲人の授産教育として按摩資格の免許制度が確立した。

現代では「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師に関する法律」に基づき免許が必要。免許は国が認めた学校または養成期間で過程を終了したあと厚生大臣の行う試験に合格する必要がある。

指圧(しあつ)

指圧は、按摩から派生した手技療法で、明治後期に日本で発達した。欧米で発達した整骨療法やカイロプラクティックなどの知識をとりいれられている。按摩とは指の頭でツボを押して治療するところが異なる。マリリンモンローを指圧したことで一躍有名になった浪越徳次郎氏が昭和30年代に「指圧の心は母心、押せば命の泉わく」で一世を風靡した。

こちらも「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師に関する法律」に基づき免許が必要。免許は国が認めた学校または養成期間で過程を終了したあと厚生大臣の行う試験に合格する必要がある。

柔道整復術(じゅうどうせいふくじゅつ)

柔道整復術とは日本古来の柔術を起源にもち、打撲、挫傷、捻挫、脱臼、骨折などのけが人を手技療法で回復させる技術。手術をしないで整復、固定、後療等を行い、人間の持つ治癒能力を最大限に発揮させるところに特徴がある。

柔道整復師は国家資格で主に「接骨院」「整骨院」とよばれるところで、治療を行っている。

マッサージ

マッサージの語源は「さすり」「押す」「捏ねる」からきており、人類が生まれてから本能的に手をつかって痛みを和らげてきた行為、すねわち「さする」「押す」「揉む」「叩く」などを効果的な方法に発展整理させてきたものがマッサージである。 古くはギリシャの医者ヒポクラテスもその効用を記述している。近代になりフランスの医師アムグロアスバレーが研究し、ヨーロッパ各国で普及した。

日本では明治中ごろ導入され、整形外科医療の一助として医療現場に採用されたが、日本古来の按摩と混合されあいまいなまま現在に至っている。マッサージ師は医療現場、スポーツ界、治療院、温泉施設などで幅広く活躍している。

 

PAGE TOP