東急大井町線「等々力駅」徒歩1分 尾山台、上野毛からも近い「完全予約制」カイロプラクティック整体院です。お一人ひとりの症状に向き合い改善をサポートします。
頭痛・肩こり・腰痛・坐骨神経痛・手足のシビレ・O脚などに効果があります。症状別対処法 | 腰痛・頭痛・肩こり・坐骨神経痛
腰痛の原因と当院の対処法
腰痛
腰痛の原因
 
腰痛には様々な理由・原因があると言われています。
・筋肉の緊張・疲労からくるもの
・背骨の問題から(腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎分離症・すべり症等)
・内臓疾患からくるもの
・ストレス性のもの
 
特に多いのが筋肉の緊張・疲労からくるもので、これには普段の姿勢や生活習慣がとても関わっています。
腰は人間の中でも負担のかかりやすい部位であり、立っている状態は腰が反りやすく筋肉が緊張しやすくなります。座っている状態では腰が曲がりやすく負担がかかってきます。
その為、立ち仕事やデスクワークの長時間の同一姿勢、脚を組む癖などの偏った体の使い方をしていると腰の筋肉が疲労し硬くなり背骨を歪ませ、痛みやこり、重さを感じる腰痛が引き起こされます。
 
腰痛に対する当院の対処法
 
当院では上記の様な、筋肉の緊張・疲労からくる腰痛に対し、トリガーポイントセラピーにより腰を中心に臀部・背中の筋肉を調整し血行を良くしていき、さらに筋肉の硬さから動きが悪く可動域が狭くなった関節の調整をしていくことで腰痛を改善していきます。
その上で効果のある腰痛体操、正しい姿勢・生活習慣のアドバイスをさせていただき、痛みを繰り返さない身体作りを目指します。
その他、背骨の問題からくると思われる腰痛の場合は、まずは整形外科を受診されてから来院されることをお勧めします。診断結果と現在の症状を詳しくお聞きした上で、施術方針を決めていきます。
背骨に問題があるからといって、それだけが腰痛の原因だとは限りませんし、同時に筋肉の緊張が見られる場合も多いため、筋肉を緩めることで症状が改善することはよくあります。
 
頭痛の原因と当院の対処法
頭痛
頭痛の原因
 
頭痛は大きく分けて2つに分類できます。
・緊張型頭痛
姿勢の悪さ、特にネコ背のような背中を丸めた姿勢により頭から肩にかけての筋肉が緊張し血流が悪くなることが原因で引き起こされていると考えられます。
また、精神的ストレスにより血流が悪くなり筋肉が硬くなることもあります。
・片(偏)頭痛
女性に多い。
 
頭部の血管が拡張してまわりの組織を圧迫することで、こめかみ付近にズキンズキンと脈打つような痛みが発生するのが特徴です。
過労や不規則な生活習慣、精神的ストレスが原因と言われています。
 
頭痛に対する当院の対処法
 
当院では首、肩まわりを中心に全身の緊張をゆるめ、関節の調整することにより神経と血流の流れを良くしていきます。その上で、首のストレッチや肩こり体操などをして、筋肉に柔軟性をもたせ負担のかかりにくい正しい姿勢をとることによって、頭痛の起こりにくい身体作りを目指します。
 
肩こりの原因と当院の対処法
肩こり
肩こりの原因
 
肩こりは肩まわりが痛い、だるい、重い等の症状があり、主に長時間のデスクワークや立ち仕事、車の運転などでお仕事されている方に多く見られます。
頭や肩が体よりも前に出る姿勢が続いたり、ストレスで肩に力が入ってしまうことで、首や肩の筋肉は緊張して硬くなり血流が悪くなります。
「ストレス→筋肉が硬くなる→血流が悪くなる→痛みが出る→さらにストレス」の悪循環に陥ります。また、肩こりがひどくなると頭痛・首の痛み・目の奥の痛み・腕の痛み・寝違え等の2次的な症状も引き起こす事もあります。
 
肩こりに対する当院の対処法
 
当院では首・肩・背中を中心に全身ほぐして血流を良くし、痛みの原因である老廃物を排出し、逆に栄養を送ることによって肩こりを緩和していきます。さらに筋肉の硬さから動きの悪くなった関節を調整し動きをつけていきます。
その上で肩こり予防の体操やストレッチ、負担のかかりにくい姿勢や立ち方、座り方などの生活習慣のアドバイスをし、根本からの症状改善を目指します。
 
※施術を受けて少しも楽にならない・改善しないという場合には病気が原因で起きている事も考えられますので専門医の受診をお勧めいたします。
 
坐骨神経痛の原因と当院の対処法
坐骨神経痛
坐骨神経痛の原因
 
坐骨神経痛は人間の神経の中で最も太い神経であり、腰から出て、お尻、太ももの裏、ふくらはぎを通って足先まで支配しています。この坐骨神経に沿って痛みやしびれ、重だるい感じがすることを坐骨神経と呼びます。
 
 原因としては、椎間板や変形した背骨が直接、神経を圧迫してしまう事や、無理な姿勢などの繰り返しなどのさまざまな原因によってお尻や太ももの筋肉が硬くなり、坐骨神経が圧迫などの障害を受け過敏になっていることが考えられます。
 足を組むクセにより、お尻の片方に負担がかかり神経を圧迫したり、車の運転をよくする方はペダルを何度も踏むことによりお尻の筋肉に負担がかかり、硬くなった筋肉が神経を刺激することも考えられます。
 
坐骨神経痛に対する当院の対処法
 
当院では、神経圧迫の原因となる腰やお尻の筋肉に加えて、痛みにより緊張して硬くなった太ももから足先までの筋肉を緩めて血流を良くしていきます。さらに坐骨神経を圧迫しにくい姿勢、生活習慣のアドバイス、筋力低下を起こしたお尻の筋肉を鍛えるような体操も取り入れて症状の改善、予防をしていきます。

PAGE TOP